コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

ハウスクリーニング業者の選び方


ハウスクリーニングは今や身近な時代です。業者は山ほどいます。ビルメンテナンスの会社も参戦し身近でコストがかからないからこそ初めての人でも簡単に開業することもあり多くの業者が存在します。そこで問題なのは全ての業者が本当にプロなのかということが問題になります。家庭でする掃除をただするだけでは自分でしたほうがお金もかからずに済むので必要がありません。しかし、それすら忙しくて出来ない場合には「家事代行」という考えで作業をしてもらうのはありだと思います。家事代行なら隅ずみまではできぬともある程度はしてくれます。では家事代行ではなくしっかり家の掃除をお願いするときに何を基準にするかということです。まず作業にくる人間が清掃業にどれだけの年数携わっているか聞いてみましょう。清掃業は「3K(キツイ・汚い・危険)ということもあり続く人が少ないです。つまり経験値が少ないスッタフが作業に来る確率が高いということになります。ですので、まずは問い合わせたときにスタッフの清掃業歴を聞いてみることをお勧めします。そしてビルメンテナンス会社よりも専門の会社をお勧めします。なぜならビルメンテナンスは主に店舗等のワックス業務等が多く家の掃除は専門外です。掃除という共通点はありますがやはり違います。家の掃除だけを専門にしているからこそ汚れがどこにあり汚れや素材にあった洗剤で掃除を行います。ハウスクリーニングを依頼するなら①プロがいるか②専門の会社なのかを目安にしたらよいでしょう。また、国家資格のハウスクリーニング士という資格を保有している方がいれば目安になります。この資格は実務経験3年以上の人しか受けれない資格だからです。